税理士の資格を取らないのに税理士事務所に就職するのはやめておけ!

多くの人は誤解をしていますが、税理事務所には税理士の資格を持っていない人がたくさん働いています。
むしろ、税理士の資格を持っていない会計スタッフの方が税理士より何倍も多くいるのです。

そのため、資格は持っていないけど税理士事務所で働いてみたいと思う人もいるでしょう。

以前に税理士の資格を将来的にも取るつもりがない人に、『税理士事務所に就職したい』と相談されたことがあります。

それに対する僕の答えは、『税理士になる気がないならやめた方が良い』です。

今回は税理士になる気がないなら税理士事務所に就職するのはやめた方が良いという話です。

税理士事務所に就職しない方がよい理由

①給料が安い

税理士事務所の給料は一般的には下記の通り、勤務数に応じて変動することが多いです。

  • 未経験~1年未満…280万円~350万円
  • 1年以上~3年未満…320万円~400万円
  • 3年以上~5年未満…350万円~450万円
  • 5年以上~10年未満…400万円~500万円
  • 10年以上…450万円以上

この金額は、>>マイナビ転職の業種別モデル年収平均ランキングに記載されている他の業種と比較しても高いものとは言えません。
一般的には規模が大きい税理士法人の方が給料が高い傾向にありますが、その分忙しく残業が多くなるというデメリットもあります。

僕も税理士事務所に勤務しているときには、周りの同級生に比べて圧倒的に給料が安く、恥ずかしくて給料の額を言うことができなかったことがあります。

それだけ税理士事務所というのは給料が高くありません。

税理士の資格を持っていれば高給もあり得ますが、そうでない場合は、周りの人に比べて少し寂しい給料になってしまうと言わざるを得ません。

②ほとんどが小規模な会社であるため不安定

税理士事務所というのは、そのほとんどが小規模の会社になります。従業員数は10人以下。

一般的に大企業と呼ばれる規模の税理士法人は全国でも数えるほどしかありません。

つまり、税理士事務所に就職するということは、とても小さな会社に就職したと同じことです。

それゆえ給料も安く、ボーナスも少ない、残業手当も出ない。

挙句の果てに後継者がいないことがほとんどで、就職したはいいけど、所長の引退と共に事務所がなくなることも普通にあります。

家族を養う立場の人にとっては、安定しているというのは大切なことですが、税理士事務所は残念ながら不安定な会社と言えます。

③将来性がない

税理士は何年も前から(将来なくなる仕事)の上位にランクインされています。

>>オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

こちらは2014年に書かれたものですが、ここでも「税務申告代行業者」がリストに上がっています。

アメリカでの発表だと思うので、税理士ではなく「税務申告代行業者」という表現になっていますが、これこそが税理士業です。

さすがに2024年に税理士の仕事が全てAIに取って変わられるとは思いませんが、確実に仕事は減ってくるものと思います。

また、僕が税理士業界に入ったのは2008年ですが、その頃から比べても税理士に求められているものは変わってきてると思うし、税理士の顧問料も、ものすごく下がっているのも事実です。

このことから、税理士業界は右肩下がりの業界であると考えられ、将来性がある職業、すなわち将来性のある職場ということはできません。

④業務内容が単調

これは人によって意見が分かれるところではありますが、税理士の仕事は退屈です。

税理士の仕事を一言でいうならば、「税金の計算」です。

そして、税金の申告というのは、一年に一回行われるものなので、基本的には毎年同じことが繰り返されます。

来年も再来年もその先もずっとです。

仕事ってそういうものかもしれませんが、もう少し変化があった方が僕的には面白いかなと思いますね。

>>税理士の仕事とは?
>>税理士事務所の仕事が向いてる人、向いてない人
>>税理士は中小企業を救えるのか?

税理士の仕事が向いていると自分で感じる人はいいと思いますが、業務内容を把握せずに就職してしまうと、「思ってた仕事じゃない」と思うことも多いでしょう。

⑤転職が有利になるとは思えない

仮に税理事務所に勤務して、その後転職を考えたとします。

その時に、同業界、つまり他の税理士事務所に転職するのはそれほど難しくないかもしれません。

しかし、税理士とは関係のない一般の会社に転職する際に、税理士事務所での経験が活かせるかどうかは大いに疑問です。

税理士事務所での経験が活かせるとすれば”経理”の仕事だと思いますが、経理というのはどの会社も人員を他の部署に比べて少なく、求人もそれほど出ているわけではありません。

なので、税理士事務所から他業界への転職はそれほど有利になるとは思えませんし、他業界に転職するつもりなら税理事務所への就職はやめておいた方が良いでしょう。

まとめ

以上の理由から、「税理士になる気がないのに税理事務所で働くのはやめた方がいい」というのが僕の結論です。

純粋に税理士業界に興味があり、将来税理士になりたい若しくは税理士事務所の仕事が好きだということであれば、それはその人にとって最善の選択であると思います。

しかし、ただなんとなく、税理士事務所で働いてみたいなぁ程度の軽い気持ちで就職してしまうと、続けることは難しいと思いますので、よく業務内容を理解して考えて頂ければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で