税理士事務所に就職すると残業ばかりで忙しい?

これから税理士事務所に就職しようとしている人は、『税理士事務所は忙しいから辞めた方がよい』なんてことを聞いたりすることがあると思います。

特に税理士を目指している人は、税理士事務所に勤務しながら税理士試験の勉強はできるのか?といった不安もあるでしょう。

実際のところ税理士事務所での勤務は忙しいのか?
3社の税理法人に勤務し、現在では税理士法人を経営している立場から、それについて書いていこうと思います。

※これは僕が実際に勤務していた税理士法人での体験に基づいているので、全ての事務所に当てはまらないことをご理解下さい。

税理士事務所の規模別忙しい度

まずは、税理士事務所の規模別でみていきます。

1、大規模な税理士法人 従業員数100人以上

忙しい

300人規模の税理士法人に勤務していたことがありますが、ここは忙しかったです。
ほぼ、毎日残業はあって、個人差はありましたが、ひどい人だと毎日午前様のような状態でした。

理由

  • 離職率が高くすぐに人員不足に陥り、ほかの人の仕事が回ってくる
  • 余計な社内ルールが多すぎて非効率
  • 無駄な会議が多い

※その日の日報を書くだけで1時間かかってました。

2、中堅の税理士法人 従業員数20人~50人程度

そこそこ忙しい(確定申告時期のみ忙しい)

20人規模の税理士法人2社に勤務していたこともありますが、ここは確定申告時期以外はあまり忙しくなかったです。
ほぼ、毎日残業はありますが、1時間程度ですのでそれほど苦ではありませんでした。
しかし、確定申告時期(1月末から2月末ぐらい)は、ほぼ毎日帰りは22時を過ぎていました。

理由

  • 人の定着が良く業務内容が安定している
  • 余計な社内ルールが多すぎて非効率
  • 無駄な会議が多い

※毎日朝礼で1時間かかってました。

3、小規模事務所

忙しくない(確定申告時期のみ少し忙しい)

これは僕が経営している税理士法人ですが、弊社では毎日定時に帰れます。しかも定時は9時から17時です。

さすがに、確定申告時期は少々の残業は必要となってしまいますが、22時を過ぎるようなことはまずありません。

理由

  • 目が行き届くので余計なルールはない
  • 人が少ないので風通しが良く、会議など必要ない
  • 比較的人員の定着が良く突発的な仕事が来ない

主要としている顧客層別忙しい度

次は主要としている顧客層別にみていきます。

1、個人事業主が多い事務所

2月から3月までが忙しい

個人事業主の確定申告は3月なので、どうしてもその時期に残業が集中してしまいます。
特に田舎の税理士事務所はこの傾向にあると思われます。

2、法人の顧客中心の事務所

3月~6月がピーク

大規模な法人、上場企業などが中心の事務所では、5月近辺が一番忙しくなることがあります。

法人は決算月を任意で決められるのですが、3月、9月、12月、のような切りのいい月は多くなってしまうので、その近辺では忙しくなってしまうこともあります。

3、相続税の申告が中心の事務所

特定の期間はなし

相続税の申告はいつ発生するかわからないので、ある特定の時期に業務が集中することは少ないです。

しかし、いつ発生するかわからないだけに、たまたま重なってしまうこともあると思うので、思いがけない時期に忙しくなることもあるでしょう。

また、相続税の申告を中心に取り扱っている事務所は、不動産オーナーを顧客に抱えている場合が多いでしょうから、不動産所得の申告も多くなり、確定申告シーズンが忙しくなる傾向にあります。

結局のところ事務所によってバラバラ

当たり前なのですが、「税理士事務所=忙しい」という方程式は成り立ちません。

忙しい事務所もあればそうでない事務所もありますし、その事務所の主要としている顧客や所長のやり方によっても差があります。

税理士業というのは常に期限との戦いです。ご存知の通り申告期限というものがあるからですね。

これに遅れてしまうと、お客さんに迷惑をかけてしまうので、申告期限に間に合わせるために、残業をしなくてはいけないこともあるでしょう。

また個人事業主の申告は3月に集中してしまうので、税理士業界特有の確定申告時期に残業がない事務所も少ないいです。

ただ、このご時世に毎日深夜まで残業を強いられる事務所もほとんどないと思います。

相続を専門にやっているような税理士事務所は、また少し残業の時期などが異なるかもしれません。

税理士試験の勉強をしながら勤務するなら中堅税理士事務所

税理士事務所に勤務しながら税理士試験を受けようとする方は、大規模な税理士法人は避けた方が良いと思います。

理由は言うまでもありません。忙しいからです。よほどの精神力がないと仕事と勉強を両立する環境ではありません。

ここでおススメしたいのは中堅の税理士法人です。かくいう私も中堅の税理士法人に勤務しながら最後の科目を合格しました。

中堅税理士法人をおススメする理由は、

  • それほど忙しくない
  • 受験仲間がいる
  • 資格取得を支援してくれる制度がある
  • 業務の幅が広い(独立を考えている場合)

以上の理由から中堅の税理士法人に就職することをおススメします。

ですが、就職する際にはしっかりと条件を確認し、受験勉強との両立が可能なのかを確かめてから入社することをおススメします。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で