一番安定する資産運用はインカムゲインを狙うので間違いない。

本物の金持ちはインカムゲインで生きている。

最近、というか前からずっと思っていたことだけど、
一番良いのは「インカムゲインで生活すること」だよなって改めて思う。

※インカムゲインとは、資産を保有していることによって得られる収益、すなわち株であれば配当、債券であれば利息をいう。

俗にいう不老所得というやつである。

僕は税理士をやってきて、これまでに出会った一番のお金持ちは、某1部上場企業の社長だ。

たまに、上場企業が下手うって社長が「役員報酬は1年間なし」などと言うことがあるが、もし、これがサラリーマンだったらただ事じゃないが、上場企業であればそういったことは珍しくない。

上場企業の社長ともなれば、これまで高い役員報酬を取ってきているので蓄えは十分にあるから1年間ぐらい給料がなくたって大丈夫。

まさか、こんなふうに思っていないだろうか?

これは大きな間違いだ。

上場企業の社長というのは、たいがいその会社の筆頭株主となっているので、毎年半端ない金額の配当を貰っている。

僕が見た某上場企業の社長は配当だけで年間に5億円近くの収入があった。当然役員報酬よりも配当の方が断然多い。

そうであれば、たかが一年役員報酬など無くとも生活に何の支障もないのはよくわかる。
まさに、インカムゲインだけで楽勝に生活できてしまう典型例である。

そう。本物の金持ちはインカムゲインだけで生活できるのである。

僕もこれを目指したいと常々思っている。

なぜキャピタルゲインでは駄目なのか?

僕も株式投資やFXをやっている。

もちろんこれはキャピタルゲインを狙いにいっている。キャピタルゲインとは、資産価値の上昇によって得られる利益をいう。

これもこれでいいんだけど、生活するとなると何か違う。
やっぱり一番はインカムゲインだと思う。

なぜなら、

・キャピタルゲイン狙いだと浮き沈みがあり
・安定して利益を残そうとすれば時間がとられる

からである。

僕が実際にやっている株式投資がいい例だが、これは毎月安定して利益をだせるものではない。
そもそも、短期売買するような手法ではないので、一か月で利益確定が一度もない月もまあまある。

なので、短めにみても四半期単位で利益が出ればよいというくらいの考えでやっている。

これはこれで、1年通せば利益が残るから問題はないのだけど、この利益で生活しようとなると、それは話が変わってくる。

確かに1年の利益の合計額なら、生活できる程度にはなるかもしれないが、僕がその月に利益が出ようが損失を出そうが住宅ローンの支払いは待ってくれないのだ。

だから、僕はキャピタルゲインを当てにして生活することができないし、やってない。
生活の基盤は毎月定額でもらえる税理士法人からの役員報酬である。

しかし、世の中には専業トレーダーのような人も存在する。

その人たちがどういうトレードをしているのかわからないが、キャピタルゲインで毎月安定して利益を上げようとすれば、それなりの時間を要するはずだ。

そういったやり方は資産運用というよりは「仕事」と言ったほうがいいだろう。
僕はトレードなんかを仕事にして人生を終えるのはごめんだ。

だから、資産を保有しているだけで利益を得られるインカムゲインだけで生活することができる状態がいいと思っているし、株式投資もFXもチャートに張り付くようなことはせず、1日5分ほどで完結できるようなやり方を採用している。

さすがに1日5分のトレード時間となると、毎月必ず利益を出すというのは僕のような凡人では難しくなってくる。

インカムゲインは利回りが悪い

ただ、インカムゲインを狙った投資も良いことばかりではない。
何もせず資産を保有しているだけで得られる収益だけあって、「利率」がかなり低いのだ。

株は5%程度でも高配当銘柄と呼ばれる。

株式投資やFXであれば、年率50%から100%も狙うことは可能だが、インカムゲインとなるとそうはいかない。

普通にやれば、せいぜい3%から5%といったところだろう。
何億も持っている人ならそれもいい。

適当に高配当の銘柄を分散して保有しておけば生活できるぐらいの配当金を受け取ることが可能だからだ。単純計算で5億の4%で2,000万円となる。

しかし、僕はその段階ではない。
今できる限られた資金の中で、インカムゲインを得ようと日々研究を行っているところだ。

僕が考える理想の形

僕が今目指している形は、

キャピタルゲインで得た利益 → インカムゲインに投資

この流れを上手く作ることだ。
インカムゲインの良いところは、毎月安定して一定のリターンが得られることにある。

キャピタルゲイン目的の投資がマイナスになってしまっても、生活費はインカムゲインで賄えばいい。

資産運用も事業として考えみよう。

もし、あなた事業を行うなら、欲しいのはどちらだろうか?

・いつ受注が来るかわからないがこれば大きい顧客
・少額だが毎月必ず仕事を出してくれる顧客

まさに税理士のビジネスモデルがそうであるが、間違いなく少額だか毎月必ず仕事を出してくれる顧客を増やした方が経営が安定する。

つまり、インカムゲインを少しずつ増やすことができれば、生活(経営)が安定するということになる。

しかし、先ほど言ったっ通りインカムゲイン狙いの運用は利率が悪い。
100万やそこらの資金では、小遣いにもならない。

インカムゲインで生活するために一番必要なのは資金なのだ。

その資金を増やすために、キャピタルゲインを上手く利用するというのが今僕が考える一番いい方法ではないかと思う。

そのサイクルが上手くまわりある一定のラインに到達すれば、やがてキャピタルゲインの投資は必要なくなる。

ようやく本当の意味で「引退」することができ、生活するための労働に時間を奪われることもなくなる。

あとは残りの人生やりたいことだけをやって過ごせばいい。
ここでようやく僕のミッションもコンプリートする。

安定した利回りが得られるインカムゲインは存在するのか?

問題はここだ。

僕みたいな凡人では、何億という資金を用意することはできない。
仮にできたとしても、その頃には人生も後半ロスタイムに差し掛かっている頃だろう。

そうすると考えることは一つ。

高い利回りでインカムゲインを得ることはできないか?

これが僕の最大の課題であった。

この課題を解決すべくここ数年研究を重ねてきた。
その過程では、初めて1,000万円を超える損失を経験し枕を濡らした夜もあった。

これらを乗り越えて、ほぼ答えが見えてきた。

安定した高利回りのインカムゲイン投資は確かに存在する!

ただ高利回りと言っても、キャピタルゲインで得られるような利益というわけには行かない。

ただし、1,000万円あれば生活費には少し及ばないが少し明るい未来が見えてくるぐらいの利益は得られる。
およそ毎月15万円程度は確実に収入を得ることができだろう。

また工夫次第ではもっと大きなリターンも見込める可能性を秘めているものが存在する。

存在と言っても、誰も知らないような案件に投資をしているわけではない。
ただ、それをインカムゲインの投資として利用している人は、もしかするとあまりいないのかもしれない。

まとめ

本物の金持ちはインカムゲインで生きているということはおわかり頂けたことだろう。
僕が目指すところは、それをミニマムにして誰でも実現可能な方法で本当の「引退」をすることだ。

その研究に終わりはないが、今一つの分岐点に差し掛かったところである。
ずっと探していたパズルの最後のピースをようやく見つけたような感覚をおぼえている。

このインカムゲイン投資の結果をこのブログでも公表していこうと思っている。
そして、これは誰でも再現可能だと判断すればぜひ共有したいとも思っているので、ぜひ楽しみにしていてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で