実は僕もFXをやり始めることに決めてから、ある方を師としてFXを教わった。

なぜ、その方を師として選んだかと言えば、その師が普通と違ったからだ。

よく巷に溢れているFXや投資のスクールなどでは、テクニカル分析やファンダメンタル分析によって、これから相場がどちらに動くかを予測する方法を教えることが多い。

しかし、価格がこれからどちらに動くかは予測不可能なものであり、唯一の正解などありはしない。

これらを教えてる人のほとんどは、投資方法を教えることで設けている人達なのだ。

そんな中で、師匠はひと際目立たない存在だった。

派手に宣伝することもなく、煽るようなセールスレターもない。あるのは個人まりとしてブログ一つだった。

なんだか、それがカッコよくて僕は門を叩くことを決めたのだった。

 

たぶんFXで儲けている人って、世の中には五万といて、それぞれの人が独自のやり方で成功しているのだろうが、僕はこの師匠のやり方が一番だと信じて疑わない。

世の中、情報弱者を狙って詐欺まがいのトレードを教えている人がたくさんいるが、師匠はそういう類の人ではない。本当にトレードで稼いでいるトレーダである。

 

恐らくこの師匠の教えを守れば大きく資金を減らして退場してしまうなんてことは起きないし、他のFX投資スクールにお金を巻き上げられることもなくなるであろう。

 

FX師匠の教え!利益を上げるために必要なこと5つ

〇FXは上げ下げを予想して利益を上げるのではない

FX師匠FX師匠

上げ下げを予想して、それが当たったら利益になると思ってるか?

そう思ってるうちは、お主は勝てんよ。

僕は最初にこれを聞いた時には、何言ってんだよコイツは?と正直思った。

しかし、やればやるほどこれが正しい事だと確信を持てるようになったのだ。

 

このようなイメージを持っていないだろうか?

何かしらの方法でテクニカル分析をして、この先上がるか下がるかを予想して売買をする。

そしてプロトレーダーはその予測の精度が凄くて、バカスカバカスカ利益確定をしている。

 

確かに一部の天才はそういう人もいるかもしれない。

しかし、ほとんど人は天才ではなく単なる凡人だ。

 

これから相場がどちらに動くかの予想の精度を上げる努力だけをしてもあなたがFXで勝てることはないだろうと師匠は言う。

 

一応売買をする目安としては、これから上がる確率がが高いのか?下がる確率が高いのか?の分析は行うが、問題はその精度ではない。

まずポジションを取った時に、その後にどういう流れがあるかを考えてみよう。

  • 1. 大きく利益がでる流れ
  • 2. 小さい利益がでる流れ
  • 3. 大きく損失がでる流れ
  • 4. 小さく損失がでる流れ

一旦ポジションを持ってしまえば、その後はこの4つになるしかないのは理解できると思う。

ここで大事なことは、

「3. 大きく損失がでる流れ」排除し、「1.大きく利益がでる流れ」掴むかにある。

 

FX師匠FX師匠

FXで勝つにはな、自然の法則に逆らってはいかん。

師匠は、自然の法則という言葉と使っていた。FXもその自然の法則に逆らってはいけないと。

人間生きていると色んなことがある。一日たりとも同じ日はこない、

  • 晴れの日
  • 雨の日
  • 曇りの日
  • 台風の日

これと同じようにFXにも良い流れと悪い流れがランダムに訪れるのだ。

重要なことは、この流れを予測することではなくて、これらと如何に付き合っていくかということなのだ。

 

師匠の取引履歴を見ると面白いことがわかる。利益は大勝ちによって蓄積されているのだ。

例えばいくつかのトレードを抽出すると下記のようになる。

  1. -20pips
  2. 15pips
  3. -70pips
  4. -25pips
  5. 45pips
  6. -55pips
  7. 120pips
  8. 15pips
  9. -15pips
  10. 合計 +90pips

このような感じで、勝率はほぼ50%になり普段は小さく買ったり負けたりを繰り返し、大きく勝った時の利益が残る形になっている。

 

つまり、FXというのは大勝ちで利益を蓄積させていくものだから、

  • エントリはいつ来るかわからない大勝ちのために行う
  • 大勝ちが来る時に備えて利益を伸ばすルールを作る
  • 大勝ちが来るまで耐えられるように損切りは厳守する

 

これが負け組から勝ち組へ変わるために必要な考え方なのである。

そこには、上げ下げを予想する技術などない(全く必要ないわけではなく、一番ではないという意味)

全ては己の考え方一つである。

 

〇時間を掛けること

FX師匠FX師匠

これも自然の法則と同じことじゃ、

植物が実を付けるのにも時間が掛かるやろ、FXだってそれと同じで利益を伸ばすのにも、利益を積み上げるのにもそれ相応の時間が掛かる

FXで負けるほとんどの人は、身の丈に合ったトレードをしていないようだ。

あなたはFXをやることによって、どれほどのリターンを求めていだろうか?

 

もしかして、元金が数百万しかないのに、毎月100万円以上の利益がほしいなどと、壮大な夢を掲げていないだろうか?

 

そんな調子の良い話があるわけがない。

FXで負けてしまうほとんどの人が、年利1,000%といったありもしない幻想を追い求め散っていくと師匠は言う。

 

毎月100万円の利益を生み出すのは難しいことではない。

しかし、それは植物が実を付けるのに時間が掛かるように、それ相応の時間が必要なのだ。

それには2つの意味があって、

  • 利益を伸ばすのには時の経過が必要である
  • 利益を積み重ねるには長い月日が必要である

ということである。

 

FX師匠FX師匠

勝てない人は色んな意味で待つことができない。

チキン利食いなんて言葉を聞いたことはないか?まさにそれだよ。

もう一つは、

 

FX師匠FX師匠

短期間で資金を増やそうと思わないことだ。

待っていれば必ず資金が増やせる良い流れが訪れる。

ほとんどの人は、その流れが来る前に散ってしまう。

そこまで我慢できれば、誰でも勝てるんだけどな。

待つことさえできれば、誰でも億万長者になれるのに、ほとんどの人はそれが出来ずに散っていくようである。

 

〇ディフェンス力

長く時間を掛けて継続さえできれば、誰しもが富を得ることが可能であるのがFXである。

しかし、ほとんどの人が継続することができずに富を得ることができないと師匠は言う。

 

FX師匠FX師匠

大抵の人は、

結果が出ずに諦めて辞めてしまうか、

資金が枯渇してしまうか、で継続ができなくなる

そこでFXを長く継続するために必要となるものが、ディフェンス力ということになるわけだ。

スポーツや格闘技の世界で長きにわたり頂点に君臨するものは例外なくディフェンス力が強い。

一瞬で頂点にのし上がる若き才能に人々は魅了されるものである。しかし、一瞬で頂点にのし上がったものは、輝きこそするが、打ち上げ花火のようにすぐに消えてしまう。

それが自然の摂理というものである。

長い人生の中で投資を続けていくのであれば、一瞬の輝きを放つ花火ではなく、じっくり時間を掛けて実を育てる大木になる必要がある。

ディフェンス力とは?

これは一言でいうと必ず損切りを設定することになる。

ボクシングなどでディフェンスを強くすることはかなり難しく、相当な鍛錬が必要とされる。

FXは損切りさえ設定すればディフェンス力を上げることができるから、技術的な難しさはない。

ただし、そこには精神的な難しさが生じる。

トレードの経験があれば、一度は損切りをするのが嫌で、逆指値を移動させたことがあるだろう。それでは長期的に稼ぐことはできないということだ。

 

FX師匠FX師匠

ディフェンス力を徹底して厳守し続けることができれば、あとは待っていれば実は成る(利益はついてくる)

ようするに、数年後に大きな資産を構築することができるのだ

ここまで来ると一貫して同じことを言っていることがお分かり頂けるだろう。

・FXは自然と同じ
・良い日も悪い日も必ず訪れる
・悪い日には少しの損失で、良い日には大きな利益を
・このサイクルを繰り返すことで、いずれは大きな富を手にすることできる
・だから時間を掛けて継続することが大事

これだけの事を師匠は繰り返し弟子たちに教え、ほぼ無感情で淡々と取引することが投資の正しいスタンスだと説いた。

要点をまとめる

ここまでで、師匠から教わった大事だと思われる部分は大方説明することができたが、

このまま終わってしまうと、結局今後のトレードにどう生かしたら良いかがわからないと思うので、以下のことが自分のトレードルールに組み込まれているかどうかを確認して見よう。

・売買ルールはシンプルであるか?

過度に予想の精度を高めるような複雑なルールは必要ない逆に迷いが生じて継続し辛くなる、また一貫したトレードができなくなる

・利益は伸ばせるようになっているか?

大きく利益が出る流れの場面で利益を取らないと勝てるものも勝てない

・損切りは設定してあるか?

長く続けるためにはディフェンス力が重要であることは上述の通りである

・1回のトレードで一喜一憂していないか?

一回一回のトレードの勝ち負けなど気にすることもない。何かしんないけど、計算したらトータルで勝ってた!これでいい

・過度に勝率を高めようとしていないか?

上がるか下がるかわからないものにBETするわけだから、勝率は50%でいい。いや、むしろ50%がいい。そのくらいのスタンスでちょうどいいのだ

 

 

ここまで僕がFX師匠に教わった大事な事を書いてきた、ここからはこの考え方を元にトレードをするとどうなるか?ということを実践を通じて紹介して行こうと思う。

 

【企画】FX初心者がトレードをすると何日で資金が枯渇するのか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で