FXで破産する意味がわからない。FXは怖いものではない。

FXが怖いと言われる間違った理由

日本ではなぜか投資は怖い、損をするというような考え方が浸透しているような気がする。

もちろんFXも同様だ。

僕自身はFXで怖い思いをしたことが一度もないし、大けがをしたこともない。

しかし、なぜFXは危険だの、ギャンブルだの、破産するだのと言われるのだろう。
その理由は、

・レバレッジ

昔に比べレバレッジが掛けることができなくなったが、今でも25倍のレバレッジを掛けることができる。

・間違ったやり方

証券会社に言われるがまま、キャリートレードをして大損した人が大勢いたり、何のルールもなく、適当に売買して大損する人達がいる。

こんなところだろうか。
しかし、FXは「仮に勝てなくても大負けすることはない」と僕は思っているし、実際に本当の大負けは一度もしたことがない。

FXで一発退場する人のやり方

さて、どういうやり方をするとFXで一発退場となってしまうか考えてみることにする。
仮に、資金を100万円持っていたとしよう。

通貨ペアによってバラつきがあるが、現在USDJPYは1,000通貨当たり約4400円の証拠金が必要となっている。

そこで、USDJPYが100.00の時に、証拠金一杯の25万通貨の買いを持ったとしよう。
USDJPYが下にどこまで動いたらどれぐらいの損失になるだろうか

99.00円になった場合 → 25万円の損失
96.00円になった場合 → 100万円の損失

USDJPYが1円さがると、資金の4分の1を失うことになり、4円下がると資金を全て失うことになる。

実際には強制ロスカットが掛かると思うので、資金が0になることは無いと思うが相当な損失となることがわかる。

つまり、身の丈を考えず資金を一か月で倍にしようなどと無謀なこと考えて、証拠金一杯までのロットを保有した人が大損をしているのだ。

上記の10分の1のロットなら?

さきほどの計算で、100万円の資金で2万5千通貨の買いを入れた場合を考えてみればすぐわかる。

99.00円になった場合 → 2万5千の損失
96.00円になった場合 → 10万円の損失

さすがに96円まで下がってしまうと10%の損失を出してしまうが、強制ロスカットまでも程遠く、資金が全てなくなることはない。

ロスカットをしていたら

仮に先ほどの証拠金一杯まで買いを入れたとしても、一定のラインで損切りを入れていればどうなっただろうか。

99.8円で損切りを入れた場合 → 5万円の損失
99.5円で損切りをいれば場合 → 12万5千の損失

実際100万円の資金で12万5千の損失は大きすぎるが、先ほどの一発退場よりはマシな結果となることはわかる。

要するに、ロットを大きくしすぎずきちんと損切りを入れれば、一発退場するほどの大負けをすることはあり得ないのだ。

自慢じゃないが、僕はFXでは大負けをしたことが一度もない。FXではね。

それは、一度株で大きな負けを経験をして、証拠金管理と損切りの重要性を身に染みて知ったからなのである。

ディフェンス力だけでFXは負けなくなる

きちんとしたルールを決めて、それを守ってトレードすればFXで負けることはなくなる。
「負けることはなくなる」と言っているだけで、それだけ勝てるほどFXは甘くない。

ただ、この負けなくなるという壁を超えるだけで、9割が負け組と言われるFXで、負け組からは逃れることができる。

ためしに、検証をしてみよう。

〔資金〕 100万円
〔手法〕 1日前が陽線なら買い、陰線なら売り
〔利食い〕 50pips
〔損切り〕 50pips
※両方ともに掛からなければ成行決済

さて、こんな手法とも言えないような取引でどのような結果になるだろうか?

試しに2か月ほどの検証をしてみることにした。検証期間としては不十分だが、あなたが想像する結果となった。

勝率50%でほんの少し利益が出た!

利益が出てしまったのは想定外だが、勝率はやればやるほど50%に近づくのは当たり前で、ロットさえ大きくしなければ大金を失うこともない。

こんな適当なルールでもそれほどマイナスになることはないのに、なぜ一発で負けてしまう人がいるのだろう。

その理由は、もうお分かり頂けると思う。

FXは全然怖くない

ここまで見てきた通り、FXは全く危ないものではないし、やり方さえ間違えなければ一発退場になることはまずないと言える。

重要なことは、

・レバレッジを掛けすぎない
・ルールを決めて損切りをきちんと行う

この2点である。
この2つが守られていれば、どんな適当なルールであっても大損することはないと、上記の検証からおわかり頂けるだろう。

そうは言っても簡単に勝てないのがFX

FXで大損しないようにすることは簡単で、上記の2点を守っていればいい。
デフェンス力だけで、一発退場になるようなことはなくなる。

しかし、コンスタントに利益を積み重ねることは口言うほど簡単ではない。
これは僕も偉そうに言えるほどの腕は無いと自覚している。

やはり、FXに限らず何でも「本物のプロ」に教わるのが良いと僕は思っている。
自分で手法を作って、フォレックステスターで検証して、やっと勝てるようになったという人も中にはいるかもしれない。

でも、それは非効率と言わざるを得ない。
僕も昔は、フォレックステスターで何度も検証をしたことがあるからよくわかるのだ。

人生には限りがある。

手法を作る時間を短縮させるためにプロの手法を教えてもらうのが一番効率が良い。

もし、あなたがFXで本当に勝ちたいと願うなら、どこかのプロトレーダーに弟子入りすることをおススメする。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で