いつも仕事帰りによるコンビニで僕達はまるで中学生のヤンキーのように座ってタバコをふかしていた。

 

僕は25歳、ナガエは24歳という世間知らずの若者だった。

僕たちは同じ税理士法人に勤務していた。

 

いつものように17時ピタピタで席を立つ2人。

残業する先輩のまなざしを一切気にすることなくそそくさと帰宅し、いつものコンビニで作戦会議をするのが僕たちの日課になっていた。

作戦会議とは、もちろんいま勤めている税理士法人を退職し独立するための会議である。

 

しかし作戦会議といっても、人生経験もビジネス経験もない若者二人ががどれだけない知恵を絞っても、顧客ゼロから税理士事務所を立ち上げてたくさん顧客を獲得する具体的な戦略など思い浮かぶはずもなかった。

 

「早く開業して~な~!!」

「あ~、早く金持ちになりてぇ~!」

「そろそろ開業してもイケるっしょ!!」

「そんなん客ぐらい気合で取れるでしょ!」

「やっぱ、やるなら高単価の顧客獲りたいよな~!」

 

と、言った具合に作戦会議とは名ばかりで、ただただコンビニにたむろして願望だけを言い合う何ともお粗末な作戦会議だった。

 

今考えると、この頃僕達が持っていたものがあるとすれば、「夢」と「根拠のない自信」とそれを共有できる仲間だけだったと思う。

 

税理士としての能力なんて低い。戦闘力例えるならサイバイマン程度だろう。

何せ経験が足りない。人生においてもビジネスにおいてもだ。

まぁ、一番持っていなかったのは金と謙虚な心だったとは思うが。

 

独立するにあたり周囲の人間からはさんざん反対された。でも僕には理由がまったくわからなかった。

だって、僕にしてみれば独立開業することなんて、何年も前に決まっていたことだったから。

そして、根拠は全くないけど自分なら上手くいくと信じて疑わなかった。

 

でも良く考えれば、周囲の人間から反対されるのは当たり前で、独立を考えていたのにも関わらず、何の準備もできていないし、僕にいたっては既に結婚して2人目の子供が生まれたばかりの頃だったのだ。

 

しかし、体は25歳でも心は少年のような僕は、誰に止められようがそんなもんは聞くはずもなく、むしろ止められれば止められるほど、内なる闘志に火がついてしまうのが僕なのであった。

 

そんなある日、当時勤めている税理士法人での生活に嫌気がさしていた僕はいつものコンビニでナガエにこう切り出した。

 

オオクラ 「まじで、そろそろ始めるか!!」

 

正直、ナガエがどう答えるか僕はわかっていた。

予想通り、長江は一切迷うことなく強い口調でこう言った。

 

ナガエ 「とっくに準備はできてます。」

 

オオクラ 「…………知ってる。。」

 

この日がキッカケとなり、僕は一足先に退職届を提出した。

そして翌月、ナガエも僕の後を追い退職した。

 

これが僕の26歳春のことだった。

 

今だから言えることだが、正直開業の準備なんかは一切していないといった方が正しい。

準備期間はたったの一ヶ月。

 

その一ヶ月に何をやったかと言えば、税理士登録と事務所の契約と創業融資の審査だけ。

よく考えると、融資が通らなかったらどうするつもりだったのかわからない。

それぐらい、無計画で突発的に事務所を止めて独立することを決めてしまったのである。

 

唯一開業の準備をしたと言えば、「心の準備」だけ。

これは19歳の時から出来てたことだが…

 

ただ今になってみれば、この時に無計画でも何でもとっと独立して正解だったと思う。

いや、むしろもう一年早くても良かったとさえ思う。

 

あと1年開業が遅れていたらと思うとゾッとすることさえある。

それぐらい、マーケットインするタイミングは重要だと感じた。

 

しかし、この頃の僕達は当然ながら未来が見えていたわけではない。

 

早めに独立したことが良かったと思うのはまだまだ先のことで、ただただ辛い極貧状態の開業初期を過ごすことになるとは想像もできていなかった。

 

続く

第二話 – 開業初期編