嫁の「そろそろ大掃除でもやろうか」をきっかけに、僕は渋々窓拭きを始めた。
年に一度行うのが大掃除なのでしょうか。その辺はよくわからないのですが、去年は大掃除をした記憶がない。
嫁は「そろそろ大掃除をやろうか」と誘う割には、なかなかその重い腰があがらない。
仮に始めたとしても、途中で漫画や昔の写真などが発掘されると、掃除していたことを忘れ、それらに夢中になるタイプ。
僕は「あぁキレイだから大丈夫でしょ」と、あまり家の掃除には無頓着なタイプ。
基本的には「まぁ来週もあるからね」と言って嫌なことを後回しにする癖もある。
しかし、今回は、嫁の動きがよく一人で大掃除を始めたので、
これはそろそろ僕も動きださねば
と思い、窓拭きを始めたのだ。
頭の中は面倒クサイしかない
窓拭きをしながら考えることは、どうやったら大掃除を回避できるだろうか!
しかも大掃除は窓拭きだけでは終わらない、、、
  • トイレ
  • キッチン
  • お風呂
  • 洗面所
まだまだ過酷な大掃除の懲役は続くのだ。
正直やってらんない。さてどうしたものか、、、

 

高性能の掃除道具を買う?

<全く掃除をやらない>というわけではなく、高性能の掃除道具で、大掃除の生産性を上げようとする発想だ。
実にすばらしい!

やはり時代はルンバ

これを使えば、リビングや各部屋の床は自動で掃除してくれる。これなら寝ながらでも掃除ができる。

こちらがやるべきことは、2つのみ。

  1. ルンバがしっかり充電されているか確認する
  2. ルンバの電源ボタンを押して、お掃除スタート

 

時代は掃除機だけではない!!!

窓拭きも自動のものがあるではないか!

その名も「ウィンドロ」

お値段は5万円くらい。

ルンバは何年も前から知っていたが、まさか窓拭きの自動メカがあるとは知らなかった。

ネット検索してみるもんだ

 

ルンバもウインドロもそこそこ値段は張り、両方買うと10万円くらいはいってしまう、、、しかし、大掃除の面倒くささを天秤にかけたらどうだろう??

買いですね!!

 

音楽を流す?

お金をかけずに、大掃除を楽に乗り切る方法もないことはない。
自分の好きな音楽やノリのいい音楽を流して作業効率を上げるわけだ。
だだリズムに乗るだけでなく、それにより掃除という嫌な作業を少しだけ忘れさせてくれる。
やはり、大掃除にはRockなナンバーが会うと個人的には思う。

 

アルバイトの時に皿を洗う際に一度経験があるが、イヤホンをして音楽をかけながら皿洗いをしたら、とんでもなくいつもより早く皿が洗い終わったことがある。

 

まさかのアウトソーシング?

まず、そんなんあるの?

というところ。
なんと!ネットで「大掃除 アウトソーシング」で検索すると、色々なお掃除業者がでてくるではないか!
1番最初にでてくるのが「おそうじ本舗
どうやらお金を払えば大掃除をやってくれそうだ

いくらかかるの?

おそうじ本舗の料金を参考にすると、どうやら5万から10万くらい払えばかなり楽が出来そう。
また、例えば「キッチンだけ」とか部分的な依頼もできそうなので、ここまでは自分達でやって、後は掃除のプロに任せるのもアリ!

まとめ

個人的にはアウトソーシングを検討したい。
 だって面倒クサイだもん!
 ところで、うちの大掃除がどうなったかって???
実はうちの大掃除は、
僕→窓拭き(4枚分)
嫁→リビングの掃除機かけ
で、一旦、その日は終了
理由はお昼になってお腹がすいたため、お昼ご飯を食べに行ったらそのまま大掃除のやる気がなくなったため
後日、やる予定ですがおそらく年内にやることはないでしょう
いやむしろ、年内というよりは、2016年の汚れは2017年の大掃除シーズンに持ち越しでしょう!
とりあえず、大掃除をどうするかは来年になったら考えよう