子を持つ親なら一度はこのセリフを言ったことがあるだろう?

 

勉強しなさい

 

僕も当然のようにこの言葉を吐いたことがある。

しかし、僕も父親になって10年もすると、色々と考えも変わってくるもので、少し違った形でこの言葉を言うことになった。

 

なぜかという、ある問いに自分なりの答えを見つけたらからだ。

 

そもそも何のために勉強するのか?

 

そもそも、なぜ親は子に、勉強を強要するのだろうか?

そう言ってた頃の僕は、何を考えてこのセリフを言っていたのか、

 

実は何も考えていなかった。

 

ただゲームばかりやっていてイラっと来たから言っただけに過ぎない。

これは最低レベルの父親ではあるが、

もし、あなたが「勉強しなさい」と子供に言って、

子供にこう切り返された場合あなたはどう答える?

 

『なんで勉強しなきゃいけないの?』

 

A 良い大学に入って良い会社に就職するため

A 将来の選択肢を広げるため

 

おおよそこの程度の回答だろう。

では、僕の問いに答えていただきたい

 

勉強した先には何があるのか?

 

自分の周りの人で学生時代にたくさん勉強して、いわゆる1流大学に行った人は今何をしているだろうか

 

1、世界のト●タ自動車に就職し、禿げるほど働かされている

2、大学を中退し、起業したが火の車

3、市役所の職員

 

この人達は学生時代には優秀とされて将来有望と思われていた人達だが、大人になった今、勉強してこなかった人達とどれほど差がついているのかと疑問に思うこともある。

 

勉強して過ごした方が、損をするのではないか?

こう思うことも正直ある。

だからと言って勉強しなくてもよい理由にはならない

 

かといって、

 

勉強なんかしても意味がない、やる必要がない。

 

これは間違った考えだということはわかる。

何もせず、ゲームばかりやるぐらいなら、勉強した方が良いに決まっている。

 

学生時代に勉強を頑張った人が、必ずしも成功しているとは限らないが、

このような事実があるのも確かだからだ。

 

成功者にはバカはいない、さらに高学歴の人は仕事ができる人が多いという事実

 

税理士という仕事してきて数少ない成功者と多くの失敗を見てきたが、成功者にバカな人は一人もいない。

 

一方、失敗してしまった人の中にも高学歴の人はもちろん存在する。

が、もう一度言う、成功者にバカは一人もいない。

 

そして、自分が雇った人、一緒に働いて来た人の中で、『勉強ができる人は仕事ができる』であることがほとんどだった。

 

『勉強だけできても、社会では使えない』

 

このように言われることがある。

しかし、それはあくまである一定の教養があることが前提での話だ。

 

学生時代に全く勉強してこなかった人は、やはり頭を使う仕事はこなせないケースの方が圧倒的に多く、高学歴の人は仕事できることの方が多い

 

親は子供に勉強しなさいと言っていい

 

このように考えると一つの結論に達する。

親は子供のことを考えて、子供には勉強しなさいと言っていいのだ。

 

なぜならば、

 

『たかが勉強、できて当たり前』

 

これが僕の出した答えである。

親が子供の成功を望むことは当然のことだ。

 

将来何かしらの成功を収めたいと思うのであれば、

勉強などという簡単なものはできて当たり前でなくてはならない。

 

成功者の多くは、たかが勉強程度のものはそれなりにこなしてきた人たちだからである。

 

ただ、勉強ができて当たり前と言っても、超一流である必要はない。東大に行かなければならないとか、そう言った極論の話ではない。

学年でトップになるとか、偏差値70以上とかそんなに高いものでなくていい。

 

重要なことは、物事を自分で考える力をつけることと、

コツコツ継続して何かをやることが、大きな力を生み出す体験をすることだと僕は考えている。

 

しかし、言うだけで動くほど子供は簡単ではない

どれほど、勉強しろと言っても、子供は当然のように勉強しない。

きっと、彼らはこう思っているからだ。

 

お前はやってねぇじゃん!

 

そりゃそうだ。

勉強しろと親父がどれだけ言ったところで、その親父が酒飲んでたら説得力がない。

勉強しろと母親がどれだけ言ったところで、その母親がスマホいじってるようじゃ説得がない。

 

まずは、親がお手本を見せてやることが大事だ。

僕はある時から、子供が勉強する時間には、一緒に席について勉強をするようにした。

 

勉強と言っても、パソコンを開いて作業をしたり、ブログの記事を書いたりだけど、

それだけで、子供は以前よりも自主的に勉強をやるようになった。

 

結論

親は子供に「勉強しなさい」と言っていい、

 

けど、

 

そんなことを言わなくても自分が背中を見せれば自主的に勉強する子に変わる。

 

子供を変えたければ、まずは自分が変わることが必要なのではないかと思う。

 

子供は親のことをよく見ている。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で