なぜ?社長は愛人を作るのか?

たまに芸能ニュースなんかで、芸能人の浮気がすっぱ抜かれることがるが、実は中小企業の社長で儲かっている人で浮気をしている人は多い。(全員ではないのでご注意を。)

これに疑問を持ったことはないだろうか?

恐らくこう思うはずだ。

どうせ、金があるからだろ!

確かにそうだ。

この日本で若い女に一番モテる男は誰だろう?

誰も知っている男で、その男のために体を売る女が五万と存在する。
そんな日本一のイケメンがいる。

それは、もちろん福沢諭吉である。

若い女が中年のオヤジを本気で好きになるとは到底思えない。

金持ちの愛人になるような女は、その中年のオヤジに惚れているわけではなく、そのオヤジ達が持っている日本一のイケメン”福沢諭吉”に惚れているのだ。

だから一般的には、

金持ちだから愛人を「作れる」と言われることが多い。

この「作れる」という言い回しには、

「本当は自分も愛人を作りたいが、金が無いから無理」

という思いが隠されていることが読み取れる。

と、いうことは世の男性は、愛人が欲しいと思っているが金が無いから諦めているとも考えることができる。

そりゃそうだ。そうでなければあれだけ風俗が混雑するはずもない。

男とはそういう生き物だ。

さて話を戻そう。ここで逆の発想をしてみたいと思う。

一つ質問。

なぜあなたは金持ちじゃないのか??

なぜ、こんな質問をするかというと、僕の10年間の税理士生活の中で、愛人を作る社長を見ているとこう思うことがあるからだ。

金持ちだから愛人を作るのではなく、愛人を作るから金持ちなのではないだろうか?

ん?一瞬意味のわからないことを言っているように思えるが、逆に考えれば納得できる。

僕は税理士という職業に就き、愛人を何人も囲い夜な夜な楽しんでいる、とんでもなくスケベな中小企業のオヤジを見てきて、少し違った角度で考えるようになった。

僕の約10年間の税理士生活の中で、一人不思議な社長と出会った。
その社長は、なぜか会社の人間と共同生活している。

会社で一軒家を所有し、そこに社長と従業員の女性数名で暮らしているだ。

傍から見れば、「何かの宗教か?」と思うような光景。
ハーレム状態とはこのことだ。

この社長は、70歳を過ぎていてもなお現役という、根っからの商売人で、全盛期は年収10億円を稼ぐほどの敏腕経営者だったそうな。

いかにして、このハーレム状態を作ったのか、とても興味深いがそこは聞くことが未だに聞くことができないでいる。

ある日、その社長にお会いした際にこんなことを聞かれた。

社長 「お前優秀な人間がどういう人間かわかるか?」

ぼく 「優秀ですか??ん~~」

突然の質問に少し考え込んでしまったら、すかさず、

社長 「まぁいい、それじゃあ、お前の会社で一番優秀な人間は誰だ?」

ぼく 「それは、自分だと思います。」

社長 「そりゃそうだろうな。じゃあなぜ?」

ぼく 「そうじゃなかったら、僕に雇われる必要はないからです。」

社長は、無言で軽く数回うなずき、静かにこう言った。

社長 「優秀の定義はな。欲のでかさだ。」

社長 「自分より欲のない社長の下で誰が働くんだ。」

社長 「ただな、欲だけの奴はいかんよ。その欲を上手くコントロールし、力に変えられる奴が優秀なんだ。」

僕はこれに妙に納得してしまった。確かに儲かっている社長たちは良くも悪くも皆強欲だからだ。
儲かっていない人に限って、

「お金がすべてじゃない」
「自分の好きな仕事ができればそれでいい」
「金だけあっても意味がない」

なんて寝言を言う。こういうのは、儲かった人が言うからカッコいいのだ。

要するに儲かっている人は皆強欲だ。だから儲けることができる。

僕の10年間の税理士業界の経験で、欲のない人間が儲けたのを一度も見ていない。

そもそも無欲の人間が会社の経営をすることは極めて稀だし、誰しも何かしらの欲に掻き立てられて会社を興すものだ。

それが「金」や「女」でない方向に向かい成功を収める社長ももちろんいる。
しかし、それも結局は何かしらの「欲」に突き動かされた結果といえるであろう。

そろそろ結論を出そうと思う。

考えてほしい。

欲が無いのに愛人を作る人はいるだろうか?

それが性欲なのか独占欲なのかはわからないが、愛人を作る人は皆欲深い。

この結果にすべてが集約されている。

  • 愛人を作るような人はどんな人か?
  • 強欲の人間はどんな人か?
  • 優秀な人間はどんな人間か?

これを考えれば答えは明確だ。

要するに、愛人を作るような人は欲むき出しのスケベな野郎なのだ。

そして、欲がでかい人間は優秀な人間なのだ。

だから、愛人を作るような性質の人間は、金持ちになる確率が高いのである。

最後に僕の名誉のために言っておく。

僕は嫁と子供が3人いるが、愛人は一人もいない。

その程度の欲だ。

だから、僕はこの程度のちんけな税理士に留まっているとも言えよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で